コスメコーナーの化粧水は保存料など入っている。手作り化粧水は無添加で安心。お得に作ることができ肌にも優しい。

コスメや化粧水を知っているか
コスメや化粧水を知っているか

コスメコーナーの化粧水からさよなら!化粧水を自宅で作る!

私、化粧水買わないんです。
コスメコーナーの化粧水ってやっぱり肌に優しくなさそうで。じゃ、どうするか?実は手作りしています。
かれこれ二年以上経ちます。
以前はくすみもひどく、決して肌がきれいではなかった私ですが、気付けば人から肌がきれいとほめていただけるようになりました。
今では、市販の香料入りのものはもうNGに…。

手作りの良さはやはり、添加物がないこと。肌に優しいのはなにより嬉しい!私は米ぬかや小豆を材料に作っています。
小豆はフライパンで炒ってミキサーで粉末にします。
米ぬかは炒り米ぬかを使用。コーヒーフィルターなどを使って濾すのです。

でも、これだけだと、やはり潤いが足りません。そんなときはヒアルロンサンやコラーゲンを加えます。
私は、ごぼうのエキスを抽出し(1.3BGという液体に乾燥させたごぼうを入れます)それを加えることも。1.3BGは保湿成分があるので、ごぼうの効果とあわせても使い勝手がいいんです。
これらのものは、ネットの手作り化粧品のサイトにたくさんあります。
注意点は、作り置きしないこと。保存料が入っていないと悪くなり、肌に負担をかけることも。肌に優しい天然由来の保存料を加えとおくと安心かも。水は精製水がベストです。
水道水は浄水器をつけていないのであれば、避けたほうが無難。

そして手作り化粧品はとってもとってもリーズナブル。高い化粧水と違って、これならたくさん使えますよね。ちなみに化粧水をつける時はたたくようにではなく、やさしくなでるようにすると肌が喜びます。
肌にしみこむまで、じっくり化粧水を馴染ませると、肌も驚くほどきれいになります。
忙しいとついついやっつけ仕事のように化粧水をつけがちですが、天然のもので、しかも自分が作った愛着あるものを肌に優しく染み込ませるとお肌も喜びますよ!